ネームバリューが大事

債権・売掛金回収には弁護士という存在がただネームバリューとしてのみでも大きな効果をもたらしてくれます。 おおかた企業サイドから債権・売掛金回収されるべきものと相手方も理解しているのかもしれません。だからその関係において甘えも時として生じ、支払い出来るのに支払いがなあなあになってしまうケースが実際に存在しているのです。

そこへ弁護士に依頼して、弁護士サイドから債権・売掛金回収されることを想定してみましょう。実際にそこで弁護士が相手に対して何もしないでも、弁護士というネームバリューで大きなインパクトを相手に与えることが出来ます。企業が一生懸命債権・売掛金回収する程度の問題では、ほとんど相手は、 裁判を起こされたり、財産の差し押さえをされたりするだろうということまでは心配してないでしょう。つまりそれ以上努力して債権・売掛金を用意しようというモチベーションがここにはそれ程生まれないのかもしれないのです。

弁護士は法律のプロフェッショナルであり、裁判や差し押さえが現実味をおび、相手にプレッシャーとしてのしかかって行くことになります。実際に今まで全然支払いの素振りも見せなかった相手が、弁護士から通知が来ただけで即対応するケースは少なくありません。